Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

鍼灸天満月

お知らせNews

2022/12/01

鍼灸コラム

季節と臓器とココロの整え方◇冬編

 

今日から12月…
北風が吹き、頬に冷たい季節になってきました。
 
 
 
「耳」って良く見ると、腎臓のかたちによく似ていませんか?

東洋医学では「腎は耳に開孔する」といいます。
それは、耳と腎臓はとても深いつながりをあると考えられているのです。
東洋医学でいう「腎」は、腎臓の他に、生殖器、泌尿器も含み、老化の目安にもなります。
「腎」は両親より受け継いだ「生命力」を意味し、ヒトの成長、発育、生殖に影響を与えています。



その生命エネルギーを「腎気」とよんでいます。


たくさん寝ないと動けない…
そんなふうに疲れを感じやすい時は、「腎気」が弱っているかもしれません。

腎の力が元々弱い場合、
あるいは
過労により弱っている場合、
さまざまです。


「腎気」が弱ると、目的を持って行動できなくなり、意志の力が弱くなります。
・ビクビクと不安を感じやすい
・心配ばかりしている
・ついついマイナス思考
・考えがまとまらない
・集中力がない    など

また、無気力状態になり、この状態が長く続くと、ストレスを受け止められず、引きこもりやパニック障害などの精神の不安定性にも関わってくることになります。
 
 
「心身一如」


心と身体は密接につながっており、相互に影響しあいます。
身体のバランスの乱れは心に…、そして、心のバランスの乱れは身体にもあらわれます。


−−−−−

◇冬のココロの整え方

✅朝は窓を開けて日の光を浴びる(日光浴でセロトニンUP➚)
✅耳を冷やさないようにし、ときどき耳マッサージする(腎気の巡りをよくする)
✅「黒い食品(ひじき・黒豆・黒ゴマ・黒米など)」を積極的に摂る(腎気UP➚)
✅毎日こまめに体を動かす(日光浴×代謝UP➚)
✅夜は早く寝て朝もゆっくり起きて過ごす(腎気を消耗しない)
 

腎と耳


マスクばかりで負担をかけている耳
ちょっと触れてみましょう。
冷たく硬くなっていませんか⁇
耳からわかる身体の不調にも気をつけたいですね。
 
そして、心配事や恐怖心も拭うように、冬はゆったりのんびり自分に優しく過ごし、暖かい春を待ちましょう

-----

9 / 26

公式LINEよりご予約