Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

鍼灸天満月

お知らせNews

2022/12/19

鍼灸コラム

《ツボの話》「三陰交」はどんなツボ?

女性に寄り添うツボ「三陰交」

東洋医学のベースとなっている考え方に「陰陽説」があります。

それは、人の体にもあてはめられ
おひさまの陽が当たる部分である外側を「陽」
内側の影ができる部分を「陰」と考えます。
 
 
ふくらはぎの内側、内くるぶしの上にあるのが「三陰交」という大事なツボです。
足の内くるぶしから、指4本分程にあるツボです。
 

三陰交という字の通り、3つの「陰」が交わるツボなのがツボの名前の由来です。

三陰交は陰の経絡である「肝」「脾」「腎」の3つ経絡が通っています。
昔から女性のお悩みには、三陰交のツボ!と言われてきたのは、月経・妊娠・出産に「肝」「脾」「腎」の働きが深く関わっているからなのです。
三陰交は、ひとつで3つの経絡に働きかけ整えることができる女性にとって大変便利なツボです。
 

 

✅生理痛で悩んでいる
✅PMS症状がツラい
✅不妊で悩んでいる
✅更年期症状で冷えのぼせする
✅足が冷えて眠れない!!

そんな人は、三陰交のツボケアをしましょう。


冷えが大敵の三陰交。
三陰交がある足首を冷やすと、冷たい血液が骨盤内を通って心臓まで戻る際に卵巣や子宮も冷やしてしまいます。
女性には、このツボを温めてあげることが大事です。
血液の循環を良くすることで、
「水毒」(水分の代謝不良)
「瘀血」(血液の濁りと停滞)
「食毒」(腸毒)の三毒を除くことができます。

 
 
朝、起きてキッチンに立つ前にお灸をしたり
一日の終わりにいっぷくしながら足湯をしたり
デスクワークやリモートワークの間はレッグウォーマーをするのもおすすめです。
寝ている間も足が冷える人は、ソックスよりもレッグウォーマー三陰交を温めましょう。
 
 


鍼灸天満月では、まず皆さまにフットバスに入っていただいております。⇨ メニュー
ふくらはぎも温まる深型タイプで、足湯効果を最大限引き出します。


三陰交のツボケア
 
 
この冬は、温かくして過ごしましょう。
 
 
 

-----
 
 

6 / 26

公式LINEよりご予約