Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

鍼灸天満月

お知らせNews

2023/03/21

月と暦

東洋医学的☯からだに良い春におすすめの食材

東洋医学で春を快適に過ごす

今日は春分。
日ごとに
ますます春めいてきましたね。

これからの季節は、芽吹く草木や草花と同じようにのびのびと過ごすとき。
服装も髪型もゆるゆるとのびのびと過ごしたいですね。


春は「肝」をいたわる

そんな春は「肝」をいたわる季節です。
東洋医学でいう「肝」は血を蓄える働きがあります。
過労、目の使いすぎ、睡眠不足、ストレスで「肝」の働きが鈍ってしまうと、 血が不足し栄養が届かなくなります。


そうすると…
筋肉がつったり
不眠になったり
皮膚や髪の毛がが乾燥したり
イライラしたり
うつうつしたり
なんだかスッキリしません。
 
 
春の「陽」の気の急激な上昇も手伝って、頭痛や鼻詰まり、めまい、目の充血など上半身の症状が増えます。

肝をととのえるおすすめ食材

東洋医学では、季節ごとの不調を整える“五味五色”の考えがあることを、「東洋医学的☯からだに良い冬におすすめの食材」でもお伝えしました。
 

春に大切な「味と色」は、
“酸味”と“苦味と“青い色”の食材
 
 
酸味の代表である柑橘系の果物は「氣」の巡りをよくしてくれます。
春先の柑橘類はとっても豊富です。
みかんやオレンジ類を食べるだけでなく、レモン・グレープフルーツなどサラダなど料理に加えてみたり、酢の物やマリネなどもおすすめです。
 
 
苦味はセリや三つ葉、パセリなどセリ科の野菜や、タラの芽・ふきのとう、ウドなど山菜類
そんな春野菜の独特の苦味の成分には、体内にこもった余分な熱と水を排出する解毒作用があります。
また、のぼせたり、そわそわしたりする気持ちも鎮めてくれます。


青い食材は…
緑の濃い葉野菜や、山菜、青背の魚など
例えば…
菜の花・春菊・小松菜・ほうれん草・アスパラガス
タラの芽・ふきのとう
アジ・サバ・イワシ 
 
 
=============


春は新しい生活がはじまる人も多いですね。
期待と不安が入り交じり、がんばろうとする気持ちが強くなる分、無理をしてしまうことも多くなるかもしれません。
そんな時は、春の食材でリラックスしながら食事を楽しんでみてくださいね。

 
=============

46 / 77

公式LINEよりご予約