Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

鍼灸天満月

お知らせNews

2023/04/20

鍼灸コラム

《ツボの話》「養老」はどんなツボ??

「養老」のツボ押しで元気に若々しく♡

暦の上では「穀雨」
春のひと雨ごとに草木が芽吹き、新芽がすくすくと伸び、花々が咲き誇る季節です。
ぽかぽか陽気と思えば、まだまだ朝晩、冷え込むことがある春は、腰痛やぎっくり腰、首の寝違えなど痛みに要注意です。
 
 
 
 
今回おすすめするツボは
 
------------------
養老(ようろう)
------------------
 
「養老」は、 字の如く「老いを養生する」ツボ🌟
加齢による症状(老眼・耳鳴り・関節の痛み・代謝の低下)にも有効で、若返りや老化防止にと、アンチエイジングにおすすめのツボでもあります。
「養老」のツボを刺激することで、経絡(けいらく)の巡りがよくなり血行を良くすることが出来るため、昔から若返りや老化防止に優れていると言われています。
 




手首の小指側の下にある小さな骨の突起の下にある凹みにあるツボです。
 
 
 
✅疲れ目やかすみ目や老眼
✅肩と腕の痛み
✅首の寝違え
✅腰の痛み
✅めまいや耳鳴り


スマホやパソコンなど、目を使う作業を続けることにより、目だけでなく全身の不調を訴える状態を眼精疲労といいます。
目がしょぼしょぼしたり、目が重くなったり、目の奥が痛んだり…
そんな目の症状が原因で、
肩や首が凝りや頭痛が気になるのが眼精疲労です。
また、知らぬ間に身体が冷え、筋肉が固まってしまっている状態で、急に動いたり無理な動作を行うことででる痛み。
加齢により柔軟性が落ちている時も、痛みが出やすくなります。



「養老」ツボを刺激。
ぐーっと押してみると痛みを感じるので、心地よい強さでツボ押しがおすすめです。
冷えが気になるときは、ご家庭で生活習慣を整えながらお灸もおすすめです。
 
 
 
養老のツボケア


生活習慣を整えながら、いつまでも若々しくイキイキとしていたいですね🌟



===

42 / 77

公式LINEよりご予約